ケーススタディ

「ゲノム倫理」研究会では、これまでの調査結果を踏まえ、CREST「ゲノムスケールのDNA 設計・合成による細胞制御技術の創出」領域の2プロジェクトを対象に、ELSI論点を抽出・深掘りするケーススタディを実施しています。

CRESTの対象プロジェクト

  • 市橋プロジェクト
    研究代表者:市橋伯一(東京大学大学院総合文化研究科 教授)
    研究課題:「自己再生産し進化する人工ゲノム複製・転写・翻訳システムの開発」
  • 末次プロジェクト
    研究代表者:末次正幸(立教大学理学部 教授)
    研究課題:「人工ゲノムのセルフリーOn chip 合成とその起動」

開催レポート

こちらからご覧ください。

市橋プロジェクト

末次プロジェクト

市橋プロジェクト・末次プロジェクト合同

TOPへ