[ゲノム合成]令和元年度採択課題

所属・職名は、研究者がresearchmapに登録した情報をそのまま表示しています。(詳細はこちら
researchmapの登録状況により、情報が最新ではない、あるいは空白に見える場合があります。
また、インターネット接続がない状態では表示されません。

伊藤 隆司

ゲノム配列の新解釈による設計自由度と進化可能性の獲得

研究代表者
研究概要

出芽酵母をモデルに、CRISPR-Casシステムと2ハイブリッド法と塩基修飾酵素を用いて、ゲノム中の標的領域を重複させる技術、標的領域のゲノム配列に選択圧をかける技術、標的領域の全体に亘って突然変異を導入する技術を開発します。これら3つの新技術を活用して、遺伝子重複による適応進化の構成的理解を深めるとともに、進化可能性に富んだゲノムを制約なく設計・合成するための方法論の創出を目指します。

岩崎 渉

DNA配列空間に新規機能を予測する情報技術

研究代表者
研究概要

「創って調べて制御する」ライフサイエンスを実現する上で、DNA配列空間の中に新たな遺伝子機能や生命システム機能を予測していく情報技術が必要とされています。本研究では、DNA配列空間の中に新規機能を持ちうる配列を新規に予測する情報技術を開発します。そして、具体的な機能ターゲットとして、ゲノムの改変や制御に資する新規ツールを開発します。

小林 武彦

遺伝子増幅装置と染色体ベクターの構築

研究代表者
研究概要

任意の遺伝子を増幅することができる遺伝子増幅システムを構築します。またその増幅システムを用いて100以上の遺伝子を組み込むことができる「染色体ベクター」を作成します。ここにタンパク質複合体や代謝系に関わる遺伝子を丸ごと組み込み、それらを異種細胞内で再構築し解析する実験系を確立します。将来的には人工細胞の作成の基盤技術になると期待します。

野地 博行

長鎖DNA合成と自律型人工細胞創出のための人工細胞リアクタシステム

研究代表者
主たる共同研究者
村岡 貴博
研究概要

本研究は、新しい人工細胞リアクタ技術を開発します。例えば、生体高分子を積極的に取り込みそして保持する機能や、リアクタ自身が成長・分裂する機能を有した人工細胞リアクタの技術確立を目指します。このような機能をリアクタに付加し、さらに強化するため、新しい合成機能分子技術を確立します。最終的には、無細胞DNA複製・転写・翻訳機能を搭載することで、自律的成長・分裂能力を有する自律型人工細胞を創出します。

宮田 真人

合成細菌JCVI syn3.0B とゲノム操作を用いた細胞進化モデルの構築

研究代表者
主たる共同研究者
塩見 大輔
Robinson Robert
研究概要

JCVI-syn3.0は、2016年にマイコプラズマを基に作られた合成細菌で、そのゲノムは増殖に必須な遺伝子のみで構成されています。本研究では、様々な遺伝子をこの合成細菌に移植・発現させて、運動、細胞壁形成、DNA分配、膜リモデリング、などの能力の獲得という原始の細胞から真核生物にいたるイベントを実験で再現します。さらに、細胞を自由にデザインすることにより、新たな細胞の構築を行います。

山西 陽子

電界誘起気泡及びDNAナノ粒子結晶による長鎖DNAの導入・操作技術の研究

研究代表者
主たる共同研究者
菅野 茂夫
田川 美穂
森泉 康裕
研究概要

長鎖DNAを細胞内で利用する際の問題として「長鎖DNAのハンドリングが難しく、導入技術が限られる」ことが挙げられます。排除体積が大きく、物理的に脆弱な長鎖DNAを細胞に適切に導入するために、本研究では、穿孔性の高い物理導入手段「電界誘起気泡」法、DNAナノ粒子結晶技術を分野横断的に組み合わせて、長鎖DNAを導入・操作することを目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望