体制

RISTEXの事業内容

 RISTEX は、センター長を中心に、戦略的創造研究推進事業における社会技術研究開発の実施、またその他の研究開発にかかわる業務を以下のような体制で推進しています。

  • 社会技術研究開発主監会議は、有識者により構成され、研究開発領域の設定および改廃に関することなど、RISTEX の運営にかかわる重要事項について審議します。
  • 運営評価委員会は、有識者により構成され、研究開発領域の目標達成・進捗状況等について、中間評価、事後評価を実施します。
  • 企画運営室は、企画運営室長のもと、領域運営・管理、研究開発にかかわる各種支援、企画、広報活動などに関する業務を推進しています。また、社会問題の俯瞰や新技術の社会実装に伴い想定される課題(ELSI)についての調査研究活動なども行っています。
  • ファンディングによる研究開発は、それぞれ領域・プログラム総括のもと、研究開発プロジェクトの選考・運営・管理等さまざまな活動を行っています。

▶『研究開発成果実装支援プログラム』は、国などの公的研究開発資金で実施された研究開発成果などを活用・展開して、社会の具体的な問題を解決する取り組み(実装活動)を支援しています。
▶平成 26 年度から、「フューチャー・アース構想の推進」を、RISTEX の分野横断型の研究開発手法を生かして実施しています。
▶ELSI への取り組みとして、平成 28 年度より開始した「人と情報のエコシステム」研究開発領域に加え、令和2年度には、エマージング・テクノロジーにおける ELSI 研究と方法論開発、多様な ELSI 人材の養成を狙いとする新たな研究開発プログラムを開始します。

組織図

2020年 組織図

TOPへ