「超スマート社会の実現」領域

本ページの目次

運営統括

pic
前田 章
 元 株式会社日立製作所 ICT事業統括本部 技師長

領域の概要

当該領域は、将来の産業創造と社会変革に向けた新たな価値の創出の視点に留意しつつ、領域横断的(横串的)な領域として設定する。具体的には、ネットワークやIoTを活用する取組を、ものづくり分野の産業だけでなく、様々な分野に広げる研究開発や、超スマート社会において、我が国が競争力を維持・強化していくための基盤技術の強化などを対象とする領域とします。また、衛星測位、衛星リモートセンシング、衛星通信・衛星放送に係る宇宙に関する技術なども対象とします。
(文部科学省から示された「重点公募テーマの設定に当たっての領域について」より)

重点公募テーマおよび採択課題

・異分野共創型のAI・シミュレーション技術を駆使した健全な社会の構築 (令和2年度-)
   探索研究
・サイバーとフィジカルの高度な融合に向けたAI技術の革新 (令和元年度-)
   探索研究
・サイバー世界とフィジカル世界を結ぶモデリングとAI (平成30年度-)
   探索研究 | 本格研究(石川課題)
・多種・多様なコンポーネントを連携・協調させ、
 新たなサービスの創生を可能とするサービスプラットフォームの構築(平成29年度-)
   探索研究

研究開発運営会議委員

テーママネージャー
鷲尾 隆
大阪大学 産業科学研究所 教授
遠藤 薫 学習院大学 法学部 教授
及川 卓也 Tably株式会社 代表取締役
佐藤 聡 connectome.design株式会社 代表取締役社長
新 誠一 電気通信大学 名誉教授
谷 幹也 日本電気株式会社 研究・開発ユニット 上席技術主幹
西尾 信彦 立命館大学 情報理工学部 教授
庄司 真理子 科学技術振興機構 未来創造研究開発推進部 調査役

トピックス

  • 2021年4月19日(月) 令和3年度新規本格研究課題が決定しました(大西課題)
    「未来社会創造事業(探索加速型)における令和3年度新規本格研究課題の決定について」
    JSTプレスリリース

  • 2021年1月14日(木) 国立国際医療研究センターが呼吸器感染症の疫学調査アプリ「かぜレコ」を公開しました(大曲課題)
    国立研究開発法人 国立国際医療研究センター プレスリリース

  • 2020年11月30日(月) 令和2年度新規本格研究課題が決定しました(石川課題)
    「未来社会創造事業(探索加速型)における令和2年度新規本格研究課題の決定について」
    JSTプレスリリース

  • 2019年11月15日(金) JSTnews2019年11月号に大西課題の研究成果が紹介されました。
    「気象情報インフラを構築快適な未来都市の実現へ」
    JSTnewspdf(PDF:2MB)

  • 2019年7月23日(火) 海洋研究開発機構 大西領グループリーダー、名古屋工業大学 平田晃正センター長らが研究成果を発表しました(大西課題)
    「都市空間での詳細な熱中症リスク評価技術の開発に成功~より安心・安全な行動選択に向けて~」
    JSTプレスリリース

  • 2018年7月31日(火) ScienceWindowに河口課題の研究成果が紹介されました。
    「自動運転によって生み出される新しい社会」
    ScienceWindow

  • 2018年5月25日(金) 「サイバー世界とフィジカル世界を結ぶモデリングとAI」ワークショップ」(東京)を開催しました。多数のご参加ありがとうございました。イベントページにて開催レポートを公開しています。
    イベントページはこちら

クイックアクセス

本ページの目次