「個人に最適化された社会の実現」領域 探索研究

本ページの目次

場面や状況により変化するひとの幸福な状態を再現性高く計測・評価する技術に基づく新サービスの創出

 本領域では、目標の達成に向けて、個人の心身が満たされ、いきいきとした幸福な状態を実現する科学技術を生み出すこと、また、その成果を社会全体に広め、新しいサービスの創造につなげることを目指します。現在、利用されている個人の状態の先行計測方法の多くは主観的幸福(subjective well-being)により体系化されたアンケート調査に基づく評価方法であり、政策決定等に有用かつ信頼できる方法であることが実証されています。しかし、外的要因や内的要因によるウェルビーイングの変化をリアルタイムにきめ細かく把握することは難しく、簡易計測による定量方法も不在のために、あいまいさが伴うという課題が存在しています。一方で、近年の工学や情報科学、生物学等における技術の進展に伴い、センシングデータから個人の状態やその周辺環境等を時間分解能高くかつ高感度に計測する技術が開発されています。

 本重点公募テーマでは、人文科学や社会科学の知見や研究方法にセンシングや機械学習、人工知能(AI)等の解析技術等を重層し、個人を構成する多様なウェルビーイングの要因を計測し、動的に変化する状態を可視化する技術を開発します。将来的にはこれらの技術を実社会に適用し、個人の動的なウェルビーイングの評価・可視化の実現に取り組みます。 

採択課題一覧

所属・職名は、研究者がresearchmapに登録した情報をそのまま表示しています。(詳細はこちら
researchmapの登録状況により、情報が最新ではない、あるいは空白に見える場合があります。
また、インターネット接続がない状態では表示されません。

■探索研究

令和3年度採択概要期間
新価値IKIGAI駆動による社会貢献活動の個人最適化
飯島 勝矢exlink
新価値IKIGAI駆動による社会貢献活動の個人最適化
(PDF: 980KB)
2021.10~
個人の最適化を支える「場の状態」:個と場の共創的Well-Beingへ
内田 由紀子exlink
個人の最適化を支える「場の状態」:個と場の共創的Well-Beingへ
(PDF: 1.2MB)
2021.10~
身体機能と家庭内ネットワーク情報による児童Well-Being支援技術開発
菊水 健史exlink
身体機能と家庭内ネットワーク情報による児童Well-Being支援技術開発
(PDF: 899KB)
2021.10~
マルチモーダルAIを用いた視覚指標による幸福度評価
中澤 徹exlink
マルチモーダルAIを用いた視覚指標による幸福度評価
(PDF: 716KB)
2021.10~
次世代健康経営の実現に向けたAIoTによるEcological Well-Beingの可視化
中村 亨exlink
次世代健康経営の実現に向けたAIoTによるEcological Well-Beingの可視化
(PDF: 683KB)
2021.10~
脳特徴と多面的達成感に基づく個別最適化教育支援
細田 千尋exlink
脳特徴と多面的達成感に基づく個別最適化教育支援
(PDF: 717KB)
2021.10~

クイックアクセス

本ページの目次