「個人に最適化された社会の実現」領域

本ページの目次

運営統括

pic
和賀 巌
 NEC ソリューションイノベータ株式会社 シニアフェロー

領域の概要

 今後は人々の生活が本質的に変化していくことが予想されます。具体的には、移動や商習慣、生活習慣等の行動様式が、物理的空間や時間といった制約から解放され、変容していきます。また、これまで十分に活躍できていなかった人材が制約から解放され、社会の多様性が向上していきます。本領域では物やサービスが多様なユーザーに最適化された社会の実現を目指します。
(文部科学省から示された「重点公募テーマの設定に当たっての領域について」より)

重点公募テーマおよび採択課題

- 他者とのインタラクションを支えるサービスの創出(令和4年度-)
   探索研究

- 場面や状況により変化するひとの幸福な状態を再現性高く計測・評価する技術に基づく新サービスの創出
(令和3年度-)
   探索研究

研究開発運営会議委員

定藤 規弘 自然科学研究機構 生理学研究所 システム脳科学研究領域心理生理学研究部門 教授
志賀 利一 オムロン ヘルスケア株式会社 技術開発統轄部 R&Dフェロー
志岐 幸子 関西大学 大学院人間健康研究科 教授
島上 陽子 味の素株式会社 グローバルコーポレート本部経営企画部 シニアマネージャー
星野 真人 株式会社本田技術研究所 先進技術研究所 チーフエンジニア
前野 隆司 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授
山本 昭二 関西学院大学 経営戦略研究科 教授

トピックス

クイックアクセス

本ページの目次