「共通基盤」領域 トピックス

本ページの目次

「多次元赤外円二色性分光法の開発」の研究開発代表者である愛媛大学の佐藤久子教授が、2019年の"PCCP Emerging Investigator"に選出されました。

2020年4月21日(火) 
「多次元赤外円二色性分光法の開発」の研究開発代表者である愛媛大学 大学院理工学研究科の佐藤久子教授が、英国王立化学会が発行する学術論文誌 Physical Chemistry Chemical Physics(PCCP)におきまして、2019年の"PCCP Emerging Investigator"に選出されました。

PCCPは物理化学・化学物理学・生物物理化学分野の専門誌であり、同分野におけるトップジャーナルの一つですが、同分野において今後の活躍が期待される新進気鋭の研究者(Emerging Investigators)の募集(他薦)を毎年行っています。推薦をもとに編集委員会によって選出された後、論文の査読審査を経て、世界各国から13名の研究者の論文が掲載されました。佐藤久子教授はそのうちの一人として選出され、Perspective論文が掲載されるとともに、写真付きで略歴が紹介されています。

PCCP Emerging Investigator Home

クイックアクセス

本ページの目次