文部科学省《気候変動適応技術社会実装プログラム (SI-CAT) 成果報告会》開催

  • RISTEX

2020年3月13日

【Web等による開催に変更】
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、本成果報告会は現地開催ではなく、web等を活用した開催の形式に変更致します。
現下の情勢を鑑みた変更について寛大なご理解を賜りますよう、お願い致します。

【日時】
2020年3月13日(金曜日) 10時00分~17時50分

【会場】
法政大学外濠校舎S205教室 (東京都千代田区富士見2-17-1)

【定員】
250名 事前登録制・参加無料(交流会:有り 3,500 円)

【主催】
国立研究開発法人科学技術振興機構

概要

文部科学省では、平成27年より5年間にわたり、気候変動適応のための近未来予測技術や影響評価技術を開発し、全国の地方自治体等が作成する気候変動適応策への貢献を目的とした「気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)」を実施してまいりました。今般、最終年度を終えるにあたり、気候変動適応に関する技術開発や社会実装の取り組みの成果について、参画している研究機関や自治体等の関係者から発表を行う「SI-CAT成果報告会」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。

  • 参加ご希望の方は、2月25日(火)までに、詳細・お申し込みページからお申し込みください。
    (※空席がある場合は以降も受け付けますが、交流会は25日で締め切ります。)

お問い合わせ先

国立研究開発法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター 企画運営室
Tel:03-5214-0132
Fax:03-5214-0140
E-mail:etsuko.yamauchi[at]jst.go.jp, hirofumi.ohbu[at]jst.go.jp

  • [at]を@に読み替えてください。
TOPへ