【造賀 芳文】パワーデバイスレベルまで考慮した高精度なシミュレーション技術に関する基礎的理論および方法論の構築


研究代表者

造賀 芳文

造賀 芳文

広島大学 大学院工学研究院
准教授
研究室ホームページ


研究概要

次世代電力ネットワークには多数のパワエレ機器(パワーデバイスを集積した電力変換装置等)が導入され,より高度な運用や制御に耐えられる強さ・柔軟さが要求されます。多様化・複雑化するパワエレ機器や電力ネットワークの最適設計には,計算機による予測技術の精度が重要になります。本研究では,広島大学のもつパワーデバイス特性の予測技術を発展させ,電力ネットワークまでの予測を可能にし,小規模ネットワークで有効性を実証します。