【馬場 旬平】エネルギー貯蔵デバイスの新しい応用方法および負荷側機器の制御手法に必要となる基礎的な理論・モデルの構築


研究代表者

馬場 旬平

馬場 旬平

東京大学大学院新領域創成科学研究科
准教授
研究室ホームページ


研究概要

家庭用太陽光発電や風力発電など、分散型の再生可能エネルギー電源が大量に導入されても安定的に電気の供給ができることが喫緊の課題となっています。このため、再生可能エネルギー電源が導入された予測困難な系統運用条件においても、安定的かつ高信頼な電力供給システムを維持するために、電池や揚水発電などのエネルギー貯蔵デバイスの新しい応用方法、安定化のために操作されていることを気付かせない負荷側機器(ヒートポンプ機器や電気自動車)の制御手法を研究します。さらに、実際の電力系統で利用されている制御系が組み込まれた全系統デジタルシミュレータを用いて効果の実証も行います。