【内田 健康】エネルギー需給ネットワークにおけるエージェントの戦略的行動を公共利益に統合する最適化メカニズム


研究代表者

内田 健康

内田 健康

早稲田大学理工学術院
教授


研究概要

次世代のエネルギー需給システムは、エネルギー伝送ネットワークと双方向情報通信機能をインフラとして備えるものとなります。また、これらのインフラを活用 して自由にエネルギーを取り引きする需要者と供給者、さらには公共の利益を守る事業体から構成されます。本研究では、再生可能エネルギー導入に伴う環境変 動に対応しながら、ダイナミクスを持つ需要者と供給者の戦略的な意思決定・制御を束ね、公共の利益確保に導くための最適な統合メカニズム (公益事業体の意思決定・制御) の理論と設計法の確立を目指します。