【上田 博】洋上風力発電に必要な洋上風況把握と予測方法の開発


研究代表者

上田 博

上田 博

名古屋大学地球水循環研究センター
教授
研究室ホームページ


研究概要

雲解像度非静力学気象モデルCReSS (Cloud Resolving Storm Simulator)を用いて、日本全域を対象とした洋上の日々の風況予測実験(水平解像度2km)を行います。また、輪島市沖で実施予定の「洋上風況観測システム実証研究」におけるウィンドファーム候補地の詳細な(水平解像度100m)風況把握を行い、洋上風力発電エネルギー計算方法の確立を目指します。