【下田 吉之】分散協調型エネルギー管理システムのためのエネルギー需要シミュレーションモデルの開発


研究代表者

下田 吉之

下田 吉之

大阪大学 大学院工学研究科
教授
研究室ホームページ


研究概要

住宅・住宅群を対象として電気を中心としたエネルギー需要、可制御負荷の大きさ・応答速度を分単位で推計するマルチエージェントシミュレーションモデルを開発します。モデルでは住宅での人の行動を模擬し、個々の機器・設備のエネルギー消費の積み上げとして計算対象全体のエネルギー需要を定量化します。この結果により、HEMS、CEMS等による多様なエネルギー管理の導入効果や影響を予測するシミュレーションを行います。