【藤崎 泰正】ネットワーク構造をもつ大規模システムのディペンダブル制御


研究代表者

藤崎 泰正

藤崎 泰正

大阪大学大学院情報科学研究科
教授
研究室ホームページ


研究概要

再生可能エネルギーの大量導入に対応した安定性の高い電力システムの実現を目指し、ディペンダブル制御の基礎理論構築を行います。電力システムは電力網と情報網から構成される多層的な大規模ネットワークであるため、局所的な変動や故障が各層間の相互干渉により伝播し、大規模な停電を引き起こす可能性があります。本研究では、この種の構造的な変動の伝播をモデル化して解析し、変動や故障に能動的に対処するディペンダブル制御を実現するための方法論を構築します。