【太田 快人】事故時運転継続要件を満たしつつ分散協調された系統連系インバータと蓄電池を含む送配電系の構築


研究代表者

太田 快人

太田 快人

京都大学大学院情報学研究科
教授
研究室ホームページ


研究概要

系統連系インバータと蓄電池を含む送配電系の分散協調制御方法を提案します。事故があったとしても運転を継続できるように、応答性の早い制御器を設計するための理論を構築して、インバータの制御を行います。また、負荷や発電量に応じて周波数や電圧が生じますが、個々のインバータ・蓄電池特性の変動に対しても影響を受けにくい協調制御方法を構築します。さらに、模擬電源を用いて制御方法が実用可能であることを実証します。