SCIENCE AGORA

2021年11月3日(水・祝)7日(日)

《プレアゴラ》10月10日(日)11日(月)

f_icon
twitter_icon
jst_logo_icon

No.07-C1311月7日(日)13:00~15:00

機械学習を用いた「分類」を体験しよう

Let's Experience "Classification" with Machine Learning Methods

お茶の水女子大学 伊藤研究室 Ochanomizu University Itoh Laboratory

企画概要

「自動分類」と聞くとどんな印象を持つでしょうか?その分類結果はどれくらい信頼できるでしょうか?

この企画では、機械学習による「分類」を取り上げます。今回は、コーディングすることなく実際に簡単なデータの分類体験ができるので、ぜひお気軽にご参加いただけると嬉しいです。

 

登壇者プロフィール

img07-c13_01

村上 綾菜 Murakami Ayana

お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科 修士1年。専攻は情報科学。

また、一般社団法人 Waffle に所属し、女子中高生対象のコーディングプログラムの講師も務める。

プログラム

 

「分類」を体験する

 

「分類」を考える

関連企画

学習・体験・ものづくりに関する企画一覧

03-A17 もし「未来」という教科があったら、どんな授業??

03-A19 学研の付録性をAR三兄弟と考えてみる

03-C17 実務の達人達の知恵をヒントに夢ある未来を考えましょう

03-C19 博物館×テクタイル~あなたは何を伝え、残しますか?

03-D13 この手から「新」技術?ひみつの研究道具箱ゲーム

04-A19 科学技術と文化・教育の社会に対する役割と未来の可能性について考える

06-A19 フラーレンプロジェクト:多面体アパートからサイエンスのカタチ

06-B10 折り紙の手法を使ってユニバーサル・ジョイントを作る

06-B13 絵本で科学実験 ストローハウスで耐震技術に挑戦

06-B19 オンラインコミュニティで生まれる化学反応~十人十色な科学への向き合い方~

06-D17 科学実験@ボリュメトリックスタジオ作戦会議

06-E17 そもそも放射線って何?生活の中からお答えします!

07-A13 科学の工場見学〜科学はどうやって生まれる?〜

07-C10 コロナ禍で変化・発展した「算数・数学の学びの形」とこれから必要な算数・数学の教育

07-E17 敷きつめて発見しよう!組み合わせから生まれる多様性

10-A13 共創型ボードゲーム「Changing」〜新感覚のカラフルリバーシ!?〜

10-A15 オンラインで科学実験教室を開催しよう!

Y-01   原子・分子をのぞいてみよう-身体も地球も原子・分子という暗号でできている!-

Y-02   生きもののしくみを理解するための学修支援ツールの開発

Y-05   シャボン玉で科学しよう!

Y-06   めざそう、科学のオリンピアン!

Y-09   モバイル顕微鏡で探るミクロ世界 光、紫外光による多種多様な観察とその応用

Y-12   測量ワークショップ「ナスカの地上絵の再現」実践ドキュメンテーション

page top