研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

Problem image
  • SDGs13
  • SDGs16
  • SDGs11
研究代表者名(所属機関) 日本 大原 美保(土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター 主任研究員) researchmap フィリピン共和国 フェルナンド C. サンチェズ. Jr.(フィリピン大学ロスバニョス校 農業・食品科学科 教授)
国内研究機関 土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター、東北大学、東京大学、京都大学、滋賀県立大学
相手国研究機関 フィリピン大学ロスバニョス校、フィリピン大学ミンダナオ校、フィリピン大学ディリマン校
採択年度 令和元年度(2019年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 フィリピン共和国
研究課題の概要

気候・水理水文・農業・経済を結合させたハイブリッド型水災害リスク評価
フィリピン共和国では、将来の気候変動による水災害の頻発により地方都市の持続的な発展が阻害され、マニラ首都圏への更なる一極集中が進むことが懸念される。本プロジェクトでは、従来の気候変動・水理水文・農業・経済モデルを結合させたハイブリッド型水災害リスク評価モデルを創出し、マニラ首都圏近郊のパンパンガ川流域およびパッシグ・マリキナ川・ラグナ湖流域における防災対策投資効果の客観的な評価を行う。

水災害リスク評価に基づく政策提言により、持続可能な経済発展に貢献
対象流域においてハイブリッド型水災害リスク評価モデルを活用し、事前の防災対策に応じた将来的な経済発展シナリオの予測を行い、気候変動下での水災害レジリエンスの向上と均衡のとれた国土発展による持続可能な経済発展のための政策提言を行う。

研究実施風景
イメージ1

パッシグ・マリキナ川現地調査

イメージ2

パンパンガ川流域の農地の調査

イメージ3

パンパンガ川流域の量水標

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF令和元年度(843KB)
PDF令和2年度(4,046KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る