研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

Problem image
  • SDGs02
  • SDGs15
  • SDGs12
研究代表者名(所属機関) 日本 渡辺 京子(玉川大学 農学部 教授) フィリピン共和国 レナート レイズ(セントラル・ルソン大学 教授・学務副学長)
国内研究機関 玉川大学、東京農工大学、三重大学
相手国研究機関 セントラル・ルソン大学
採択年度 令和2年度(2020年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 フィリピン共和国
研究課題の概要

バナナとカカオの重要病害を制御する新規技術体系の開発
食料確保と途上国の経済発展に重要な農作物バナナ・カカオにおいて防除法の確立されていない難防除病害を制御するために、病害診断キットおよび病害発生予察アプリの開発等と併せて、土壌還元消毒と肥培管理・栽培管理方法を最適化することで、総合的な病害防除管理技術体系を提案する。また、バナナおよびカカオの栽培圃場から病原菌を含む多様な菌類を収集して微生物ライブラリーを構築し、有用な微生物資源として活用する。

病害防除管理技術体系を開発しバナナ・カカオの持続生産に貢献
輸出バナナの主要生産国であり、カカオ生産にも注力しているフィリピンにおいて、世界中で重要な両作物の病害を制御し、持続可能な生産を実現することで、生産物の減収による経済損失を阻止する。さらに、不適切な農薬散布による地域住民の健康被害や環境汚染の軽減に貢献することを目指す。

研究実施風景
イメージ1

カカオブラックポッド病

イメージ2

セントラル・ルソン大学で実施した案件形成のための会議

イメージ3

バナナパナマ病被害圃場

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF令和2年度(706KB)
PDF令和3年度(887KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る