研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs02
  • SDGs15
  • SDGs12
渡辺 京子(玉川大学 農学部 教授)
国内研究機関 玉川大学
相手国研究機関 セントラル・ルソン大学
採択年度 令和2年度(2020年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 フィリピン共和国
研究課題の概要  本研究は、発展途上国で深刻化し、世界的に解決が求められている課題であるバナナ・カカオの重要病害への持続的かつ効果的な防除を目的とし、微生物の分類・生理生態学、分子生物学などの基礎的研究と、それに積み上げられた植物病理学、土壌肥料学、栽培学並びに工学などの応用を融合し、病害の予防と防除の視点から、フィリピン国において植物健康診断、病害診断薬に加え深層学習による診断および病害発生予察AIを開発する。さらに、安価に行える土壌還元消毒と栽培管理技術を併用して病害防除の対策を講じ、経済性を含めて総合的な判断による評価・改良を加え、病害防除管理技術体系を構築する。本研究を通して育成された技術者・研究者を通して普及を行い、フィリピン国の政策提案を目指すとともに、両作物の病害に資する地球規模の食料安全保障、環境への影響、バナナ・カカオの産業従事者の生活向上に貢献する。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF令和2年度(706KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る