研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

『オゾン、VOCs、PM2.5生成機構の解明と対策シナリオ提言共同研究プロジェクト』 現代化するメキシコ大気汚染への
対策シナリオを描け!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs3
  • SDGs13
  • SDGs11
若松 伸司(愛媛大学 農学部 教授) researchmap
国内共同研究機関
相手国研究機関 メキシコ環境・気候変動庁(INECC)
採択年度 平成22年度(2010年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 メキシコ合衆国
研究課題の概要

日本とメキシコの違いを包括的に分析し、大気汚染対策を立てる
メキシコシティは、1990年代初めまで排気ガスによる大気汚染の被害が深刻であったが、環境改善事業により危機的状況は脱出した。しかし近年、オゾン等の化学物質がお互いに反応して健康被害を引き起こす、新たな大気汚染が問題になっている。そこで大気汚染の発生源や、気象・地形、近隣国からの汚染大気の流入・自国からの流出状況について、メキシコと日本の状態を比較し、メキシコに有効な大気汚染対策の提案を試みる。

メキシコを出発点として、世界の大気をきれいにしていく
大気汚染物質の成分を測定するシステムや、人体への影響を測るシステムの開発に取り組んでいる。将来的には、中南米地域のリーダーとなるメキシコから近隣諸国にこれらの手法を普及促進し、 地域と地球の大気環境改善につなげる。

研究実施風景
イメージ1

最近歩行者天国に指定された通りでの大気汚染状況の調査。一人一人が測定機器を携帯し、どれだけの汚染大気を吸入しているかを明らかにする。

イメージ2

メキシコ気象局とのレーウィンゾンデ
(RawinSonde; 高層気象観測機器)同時観測

研究プロジェクトWEBサイト http://web.agr.ehime-u.ac.jp/~taiki/SATREPS/
プレスリリース
実施報告書 PDF平成22年度(305KB)
PDF平成23年度(327KB)
PDF平成24年度(365KB)
PDF平成25年度(650KB)
PDF平成26年度(3,014KB)
PDF終了報告書(1,376KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JSTトピックス

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る