研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

  • SDGs2
  • SDGs13
  • SDGs1
研究代表者名(所属機関) 日本 辻本 壽(鳥取大学 乾燥地研究センター 教授) researchmap スーダン共和国 イッザト シドアハメッド アリタヘル(スーダン共和国 農業研究機構 コムギ研究プログラム 准教授)
国内研究機関 鳥取大学、宇都宮大学
相手国研究機関 スーダン共和国農業研究機構、スーダン気象庁
採択年度 平成30年度(2018年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 スーダン共和国
研究課題の概要

アフリカの気候に適応できる高品質コムギ系統を迅速に育種する
コムギの需要は、サブサハラアフリカで急増しているが必要な生産ができていない。本プロジェクトは、近縁野生種に由来する高温耐性系統を材料にして、その量的遺伝子座の同定と選抜マーカーの開発を行い、品質劣化のない系統を開発する。また、代謝産物を指標にした耐性選抜技術や、将来の気候変動シナリオに合う成長モデルを開発する。その実現のために、スーダンに「分子育種施設」と「イノベーションプラットフォーム」を設置する。

過酷な気候に耐える品種を作りアフリカの食糧問題解決に貢献
本プロジェクトで設置する「分子育種施設」では高精度の選抜技術が開発され、「イノベーションプラットフォーム」では新品種の迅速な普及を可能とする。今後さらに悪化するサブサハラアフリカの乾燥・高温農業生態系に適するコムギ品種の開発によって食糧安全保障への貢献が期待できる。

研究実施風景
イメージ1

スーダンの高温ストレス圃場を用いて、高温耐性コムギの選抜実験

イメージ2

高温耐性遺伝子の提供親である野生種タルホコムギの多様性

イメージ3

高温耐性コムギとスーダンの実用品種を交配して実用品種開発に着手

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る