研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

  • SDGs15
  • SDGs17
  • SDGs12
研究代表者名(所属機関) 日本 小杉 昭彦(国際農林水産業研究センター 生物資源・利用領域 プロジェクトリーダー) researchmap マレーシア スデシュ・クマール(マレーシア理科大学 生物学部 教授)
国内研究機関 国際農林水産業研究センター(JIRCAS)、株式会社IHI、広島大学
相手国研究機関 マレーシア理科大学(USM)、マレーシアパームオイル庁(MPOB)、マレーシア森林研究所(FRIM)、マレーシア標準工業研究所(SIRIM)
採択年度 平成30年度(2018年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 マレーシアマレーシア
研究課題の概要

パーム農園が抱える諸問題の解決に向けたパーム古木利用技術開発
マレーシアは世界のパーム油の約3割を生産している。経済寿命を迎えて伐採され、農園内に放置されたオイルパーム古木(OPT)は、土壌病害の蔓延や分解に由来する温室効果ガスの発生や、新たな農園開墾に伴う熱帯林伐採等を引き起こす。本研究では、OPTの放置がもたらす影響を科学的、経済的に評価するとともに、バイオガスや生分解性素材等、多様な高付加価値製品を製造する技術を開発することで、OPTの高度資源化を達成する。

OPT利用技術開発による持続的農園経営の実現と新たな産業創出
マレーシアと日本における産学官連携を基盤に、OPTを活用した高付加価値製品の製造技術を開発することでOPTの資源価値を高め、新たな産業の創出を図る。伐採したOPTの搬出・利用が進み、パーム農園内での再植林が可能になるため、持続的なパーム農園経営の実現に貢献できる。

研究実施風景
イメージ1

オイルパーム。パーム果房の生産性低下のため約25年ごとに伐採され、再植林が行われる。

イメージ2

オイルパームの伐採現場。伐採後、OPTは農園に放置され、土壌病原菌の蔓延など、土壌環境へ深刻な影響を与えるとされる。

イメージ3

マレーシアに設置しているOPT利活用技術実証設備。高品質OPTペレットをはじめ、バイオガス生産・発電、水処理設備を備え、ゼロエミッションでOPTから高付加価値製品を製造する。

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成30年度(1,153KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る