研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs9
  • SDGs11
  • SDGs17
目黒 公郎(東京大学 生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター
教授・センター長)
国内共同研究機関 北海道大学、東北大学、慶應義塾大学
相手国研究機関 ヤンゴン工科大学(YTU)、ミャンマー工学者協会(MES)、社会福祉・救済復興省 救済復興局(RRD)、運輸省 気象水文局(DMH)、運輸省 水資源・河川系開発局(DWIR)、建設省(MOC)、農業灌漑省 灌漑局(ID)、ヤンゴン市開発委員会(YCDC)、マンダレー工科大学(MTU)、他
採択年度 平成26年度(2014年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ミャンマー連邦共和国ミャンマー
研究課題の概要

都市の災害リスクを評価し、将来の災害に備える
ミャンマーでは国土や都市の大規模な開発が進行しつつあるが、都市人口の拡大や気候変動による災害リスクの増大が問題となっている。本課題では、開発に伴う地形や地盤、都市環境の変化等をモニタリングし、将来的な災害脆弱性を評価するシステムを開発する。事前に災害リスクを洗い出すことで、的確な地域開発計画や防災対策の策定に資することを目指すとともに、ミャンマー政府の災害対応力強化を支援する。

研究成果の普及に努め、アジア各国の災害対応力の向上に貢献する
安全な都市の形成には産学官の連携が不可欠である。連携推進のためにコンソーシアムを立ち上げる予定であるが、その核となる「都市安全研究センター(仮称)」の設立がすでに決定している。ミャンマーでの課題解決がモデルとなり、アジア各国の災害対応力の向上が期待される。

研究実施風景
写真:水害リスクを減らすための現地の試みを調査

水害リスクを減らすための現地の試みを調査(Wagadokダム)

写真: 都市安全研究センター(仮称)が設置される予定のYTU内の新建物

都市安全研究センター(仮称)が設置される予定のYTU内の新建物

写真:ミャンマー最大の都市ヤンゴン

ミャンマー最大の都市ヤンゴン

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成26年度(1,592KB)
PDF平成27年度(2,210KB)
PDF平成28年度(4,085KB)
評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る