研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs09
  • SDGs15
  • SDGs01
大蔵 聡(名古屋大学 大学院生命農学研究科 教授) researchmap
国内研究機関 名古屋大学
相手国研究機関 コロンビア農業・牧畜研究機構(AGROSAVIA)
採択年度 令和3年度(2021年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 コロンビア共和国
研究課題の概要  本研究は、競争力のある牛肉生産に国を挙げて取り組んでいるコロンビアを対象に、乾季のある熱帯地域の畜産後進国における牛肉の生産性向上と持続性を目的として、畜産サステナビリティ(自然環境、農家事情、経済)別に課題解決につながるデジタル基盤上の地域バリューチェーンの創出を目指す。具体的には、小規模農家でも利用可能なデジタルプラットフォームを用いて、既存のウシ防疫管理番号を基にライフイベントを記録する基盤と、熱帯牛の消化管内フローラ遺伝資源の評価利用技術、牧草地の最適管理システムを開発し、統合型トレーサビリティー基盤の構築と検証を行う。これにより、民間屠畜場を中心とする地域コミュニティーに属する畜産農家の生産性の底上げと、輸出に適した牛肉の質を担保するデジタル認証を提供する。将来的には、生産地域の特色を生かした肉牛生産構造の最適化を支援するスマート畜産地域モデルの普及実装を目指す。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る