研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

『次世代の食糧安全保障のための養殖技術研究開発』 タイと日本の二人三脚で
養殖業の未来を切り開け!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs2
  • SDGs14
岡本 信明(東京海洋大学 特任教授) researchmap
国内共同研究機関 水産総合研究センター、国際農林水産業研究センター
相手国研究機関 水産局(DOF)、カセサート大学(KU)、チュラロンコン大学(CU)、ワライラック大学(WU)
採択年度 平成23年度(2011年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 タイ王国
研究課題の概要

今ある課題を、次世代型の養殖システムで解決する
 近年、魚介類の養殖生産は世界的に急増しており、総生産量の5割近くに達している。しかし養殖の現場では感染症の多発や飼料の確保、安全性の保証等で多くの問題が出ており、これらを解決する次世代の養殖技術が待ち望まれている。そこで、アジアにおいて養殖業をリードするタイと日本が協力し、市場ニーズの高いハタ、スズキ、クルマエビ類等を対象に、バイオテクノロジーの技術を取り入れた食糧増産システムをつくる。

従来、魚類では行われてこなかった育種技術にも挑戦
 分子遺伝学的情報を活用して魚類の育種を試み、成長が早く病気やストレスに強い品種開発を目指す。また親魚から異種の魚の卵や精子を作らせる借り腹養殖を行い、養殖困難種の育成に挑む。その他、魚粉に替わる飼料作りや感染症の予防技術、生産物の安全確保等、包括的な技術を開発する。

研究実施風景
タイ水産局クラビステーションで飼育されている100kg超のジャイアント・グルーパー。美味ナンバーワンのハタの仲間。

タイ水産局クラビステーションで飼育されている100kg超のジャイアント・グルーパー。美味ナンバーワンのハタの仲間。

タイ国の養殖場風景

SATREPSを支える確かな飼育技術。
未来を見つめるタイの技術者。

本事業「次世代の食糧安全保障のための養殖技術研究開発」の研究実施概要

本事業「次世代の食糧安全保障のための養殖技術研究開発」の研究実施概要

タイ国の養殖場風景

タイ国の養殖場風景

研究プロジェクトWEBサイト http://www.kaiyodai.ac.jp/exchange/satreps/satreps/index.html
プレスリリース 2014/1/9
実施報告書 PDF平成23年度(222KB)
PDF平成24年度(335KB)
PDF平成25年度(225KB)
PDF平成26年度(1,113KB)
PDF平成27年度(882KB)
PDF終了報告書(1,787KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICAトピックス
PDFJST news 2014年5月号
PDFJST news 2016年11月号
JSTトピックス

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る