研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

『インドネシアにおける地震火山の総合防災策』 科学と社会の力を結集して
地震・津波・火山に立ち向かえ!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs11
  • SDGs17
  • SDGs13
佐竹 健治(東京大学 地震研究所 教授) researchmap
国内共同研究機関 東北大学、名古屋大学、京都大学、富士常葉大学
相手国研究機関 インドネシア科学研究院(LIPI)
採択年度 平成20年度(2008年度)
研究期間(採択時) 3年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要

250人もの研究者が一堂に会し、総合的な防災対策に取り組む
 インドネシアは日本とよく似た地震・火山国であり、両国の250人に迫る研究者が知識と技術を集積させることで、これまでにない総合的な防災体制の確立を目指す。従来のように地震・津波及び火山噴火の予測研究を行うだけでなく、災害情報の迅速な伝達経路の確立、地盤の液状化対策等を進め、災害に強い社会作りを多角的な視点から支援する。さらに研究成果を防災教育や啓蒙活動、国家施策にまで反映させ、総合的な地震火山防災力の向上を図る。

共同研究で生まれた防災技術は、日本にも還元可能
 これまでに、活断層調査による地震発生履歴の解明や、詳細な津波ハザードマップの作成、噴火の短期予測の成功、津波防潮林の実地試験等の成果をあげている。最終的な目的は、インドネシアと日本の両国で、地震や津波、噴火による災害を軽減することである。

研究実施風景
バンドン近郊におけるレンバン断層調査。背後の断層崖基部にトレンチを掘削した。地層の調査から、数千年前に地震が発生したことが明らかになった。

バンドン近郊におけるレンバン断層調査。背後の断層崖基部にトレンチを掘削した。地層の調査から、数千年前に地震が発生したことが明らかになった。

メラピ火山の噴火。火砕流は火口から約4kmまで到達した。

メラピ火山の噴火。
火砕流は火口から約4kmまで到達した。

イメージ3
イメージ4
研究プロジェクトWEBサイト http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/indonesia/index.html
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(1,174KB)
PDF平成22年度(273KB)
PDF終了報告書(4025KB)
評価報告書 pdf終了時評価報告書
pdf追跡評価報告書
関連URL PDFJST News 2009年3月号

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る