HOME 検索
サイト内検索
JSTトップ > 研究開発戦略センター(CRDS) > 2020年度 人工知能学会全国大会(第34回)企画セッション(2020年6月9日開催)

[本文]

2020年度 人工知能学会全国大会(第34回) 企画セッション
「次世代AI研究開発(2) さらなる進化に向けて」

開催趣旨

深層学習によって高精度なパタン認識・生成が可能になっただけでなく、柔らかな記号処理も可能になってきました。これまで、データから学習する「即応的知能」と記号・論理を用いる「熟考的知能」という人間の知能の2つの側面が、別々のAIシステムとして技術発展を遂げてきましたが、それらが統一的な考え方のもとで融合する可能性が見えてきたのです。本企画セッションでは、このようなAI進化の方向性について、招待講演2件とパネル討論によって論じます。

日時

2020年6月9日(火) 15:20~17:00

会場

A会場:熊本城ホール メインホール(熊本県熊本市中央区桜町3-40)

熊本での現地開催は中止、オンライン開催に変更されました。オンライン開催でのセッション聴講方法は大会ホームページに掲載されますので、そちらをご参照ください。

プログラム

趣旨説明 福島 俊一(科学技術振興機構)
講演資料ダウンロード(PDF形式:1.8MB)
講演 「世界モデルと記号処理」
松尾 豊(東京大学)
講演 「確率的深層生成モデルによる実世界自律知能の創成に向けて
~記号創発ロボティクスが生み出す認知アーキテクチャ~」

谷口 忠大(立命館大学)
パネル討論 中島 秀之(札幌市立大学) および上記登壇者

講演2件の資料と当日受けた質問の回答については、「JSAI全国大会2020」のSlackチャンネル「#ks-09-次世代ai研究開発」を参照ください。(大会参加者のみ参照可能です)

本企画セッション内容の関連リンク

科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)の戦略プロポーザル
「第4世代AIの研究開発 —深層学習と知識・記号推論の融合—」
同 科学技術未来戦略ワークショップ報告書
「深層学習と知識・記号推論の融合によるAI基盤技術の発展」
文部科学省 令和2年度の戦略目標及び研究開発目標の決定について 「信頼されるAI」(外部リンク)
JST戦略的創造研究推進事業CREST「信頼されるAIシステム」研究提案募集
同さきがけ「信頼されるAI」研究提案募集
同ACT-X「AI活用で挑む学問の革新と創成」研究提案募集
JST未来社会創造事業「超スマート社会の実現」領域 重点公募テーマ「異分野共創型のAI・シミュレーション技術を駆使した健全な社会の構築」
東京大学2018年度公開シンポジウム「深層学習の先にあるもの—記号推論との融合を目指して(2)」(東大TV)(外部リンク)
東京大学 松尾研究室(外部リンク)
立命館大学 谷口研究室(創発システム研究室)(外部リンク)

連携企画セッション

「次世代AI研究開発(1) 基盤技術開発と産業・社会への展開」 2020年6月9日(火) 13:20~15:00
https://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2020/ks#ks-06

参加に際して

本企画セッションは熊本(熊本城ホールおよび熊本市民会館)にて開催される「2020年度人工知能学会全国大会JSAI2020」の一環として実施されるものですので、聴講に際して、JSAI2020への参加登録・参加費支払いが必要です。
2020年度人工知能学会全国大会JSAI2020については、下記サイトをご参照ください。オンライン開催時のセッション聴講方法についても、こちらのサイトに掲載されます。
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2020/
JSAI2020への参加登録・参加費支払いについては、下記からお願いします。
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2020/attendance

関連リンク

  • COVID-19と研究開発のゆくえ
  • FacebookもチェックFacebook
  • メールマガジン登録
  • 研究開発戦略ローンチアウト
  • 野依センター長室から
  • 科学技術の潮流 日刊工業新聞連載
  • CRDSフェローが解説!科学技術最新のサイエンス
  • SciREX 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」
  • 研究倫理HP
English