CRDSの方法論

上の図は、CRDSにおける研究開発戦略の立案プロセスと、CRDSの成果の活用について示したものです。

CRDSは、科学技術分野の俯瞰、関連する科学技術イノベーション政策の俯瞰、社会的期待の分析、海外における研究開発動向や政策動向、国際比較に関する調査などにより、研究開発状況を俯瞰的に把握し、そこから重要な研究開発領域・課題群を抽出し、ステークホルダーとの人的ネットワークを活かしつつ、戦略プロポーザルなどの提言や、研究開発の俯瞰報告書などの作成を行っています。

こうしたプロセスを経てまとめられたこれらの成果は、JST各事業をはじめ、文部科学省や内閣府などの各府省や産学官の関係機関に提供され、科学技術基本計画などの科学技術イノベーション政策の策定や関係府省における各種事業・プログラムの策定、戦略立案の基礎資料などとして役立てられます。また、調査結果や成果の内容は、講演や寄稿、コラムなどでも発信し、多様なステークホルダーに活用されています。