HOME 検索
サイト内検索
JSTトップ > 研究開発戦略センター(CRDS) > 報告書等 > その他報告書 > JSAI2020企画セッション報告書 「次世代AI研究開発 ―さらなる進化に向けて―」
報告書等
その他報告書
2020年10月
(その他報告書)JSAI2020企画セッション報告書 「次世代AI研究開発 ―さらなる進化に向けて―」/CRDS-FY2020-XR-02
エグゼクティブサマリー

本報告書は、2020年6月に開催された人工知能学会全国大会JSAI2020における企画セッション「次世代AI研究開発-さらなる進化に向けて-」の内容をまとめたものである。

これまで、データから学習した結果を用いる「即応的知能」と記号・論理を用いる「熟考的知能」という人間の知能の2 つの側面が、別々のAI システムとして技術発展を遂げてきた。しかし今日、深層学習によって高精度なパターン認識・生成が可能になっただけでなく、柔らかな記号処理も可能になってきたことで、それら2 つが統一的な考え方のもとで融合する可能性が見えてきた。融合によって、現状のAI の課題(学習データ・計算資源が大量に必要、学習範囲外の状況に弱い、意味理解・説明等が不得意)の克服、人間との親和性向上、応用拡大等が期待できる。そこで、本企画セッションでは、松尾豊先生(東京大学)による「世界モデルと記号処理」、谷口忠大先生(立命館大学)による「確率的深層生成モデルによる実世界自律知能の創成に向けて~記号創発ロボティクスが生み出す認知アーキテクチャ~」という2件の招待講演によって、上で述べたような次世代AIの進化の方向に向けた最先端の研究例を紹介した。さらに中島秀之先生(札幌市立大学)をモデレーターとした総合討論も実施した。本報告書には趣旨説明・招待講演・総合討論の内容を記載している。

なお、本企画セッションの実施に先立ち、JST CRDSでは2020年1月に科学技術未来戦略ワークショップ「深層学習と知識・記号推論の融合によるAI基盤技術の発展」を開催し、2020年3月には戦略プロポーザル「第4世代AIの研究開発 --深層学習と知識・記号推論の融合--」を公表した。これら2件の報告書と本企画セッション報告書は相補的なものである。

※本文記載のURLは2020年10月時点のものです(特記ある場合を除く)。

PDFダウンロード

関連報告書
English