研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs02
  • SDGs15
  • SDGs13
飛田 哲(国際農林水産業研究センター 研究プログラム(環境) 特定研究主査) researchmap
国内研究機関 国際農林水産業研究センター
相手国研究機関 ボーローグ南アジア研究所(BISA)
採択年度 令和3年度(2021年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インド
研究課題の概要  本研究は、世界第2位のコムギ生産大国であるインド北部に広がるヒンドゥスタン平原で、生物的硝化抑制(BNI)能を活用し、コムギ栽培農地へ施肥された窒素が、温室効果ガスである亜酸化窒素や、地下水を汚染する硝酸態窒素として損出することを低減することで、窒素利用効率を改善し、施肥窒素量を削減することを目指す。コムギ近縁野生種のBNI能を持つ染色体断片をプレブリーディング技術により現地のエリートコムギ品種へ組み込むとともに、同染色体断片中のBNI関連遺伝子の探索を行う。また、作出されたBNI強化コムギ系統による窒素損出の低減を確認するとともに、環境の異なる3つの地域での連携試験を実施し、それぞれの地域でのBNI強化コムギの適応性を評価する。インドにおける品種登録に向け、全インドコムギ連絡試験(AICRP-Wheat)の仕組みを活用した農家ほ場でのBNI形質の発現による便益である施肥窒素量の削減と窒素による環境汚染軽減の実現を図る。
※植物が根から分泌する化学物質によって、土壌中のアンモニア態窒素(NH)から硝酸態窒素(NO)への変化(硝化)を抑える能力。肥料の効率的な利用と農地からの温室効果ガス排出削減につながる。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る