研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs11
  • SDGs09
  • SDGs13
森 信人(京都大学 防災研究所 教授) researchmap
国内研究機関 京都大学
相手国研究機関 バンドン工科大学
採択年度 令和3年度(2021年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要  本研究は、インドネシア沿岸保全を対象に、最新の科学技術に基づいたモニタリング網の整備、災害解析技術や防災減災手法の技術開発および移転を行い、沿岸地域の防御機能向上を図るとともに、防災、環境、経済の調和の取れた沿岸域を実現することを目指す。目的の実現に向けて4つのサブ課題、(1)波浪、砂浜およびマングローブ林のモニタリング技術の開発、(2)波浪、津波および洪水に対するマルチハザード評価手法の構築、(3)マングローブ・砂浜などのグリーンインフラ※1による減災機能の評価とグレーインフラ※2を組み合わせた最適な減災機能の定量化、(4)グリーンインフラを維持するための環境教育やエコツーリズムの確立、背後地域の避難計画策定および防災教育の体系化などを進める。これらの成果に基づき、自然順応的な沿岸防御技術に対する統合プラットフォームを構築し、インドネシア沿岸部のマルチハザードに対する軽減手法の体系化と社会実装を目指す。
※1 グリーンインフラ(Green Infrastructure)自然が持つ機能を活用したインフラ
※2 グレーインフラ(Gray Infrastructure)人工構造物で構成されるインフラ
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る