研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

Problem image
  • SDGs02
  • SDGs15
  • SDGs13
研究代表者名(所属機関) 日本 田中 賢治(京都大学 防災研究所 教授) researchmap ウズベキスタン共和国 カモルディン イディリソフ(アラル海流域国際イノベーションセンター センター長)
国内研究機関 京都大学、神戸大学、千葉大学、三重大学、北九州市立大学、鳥取大学
相手国研究機関 アラル海流域国際イノベーションセンター、ウズベキスタン水文気象研究所、タシケント灌漑農業機械化技術研究所、ウズベキスタン国立大学、ウズベキスタン設計研究所、タシケント農業大学ヌクス校
採択年度 令和2年度(2020年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ウズベキスタン共和国
研究課題の概要

内部循環型塩生農業に有用な作物の選定と実時間情報の利活用
長年にわたる灌漑農業によってアラル海が縮小し、周辺地域の塩害や干ばつが深刻化している。本プロジェクトでは、気候データや地球観測衛星情報からアラル海周辺で利用可能な水資源量・蒸発散量・農作物の生育状況を把握する。さらに、塩害の進行を防ぐため、適切な灌漑排水の管理方法、塩生植物を活用した塩性土壌の生物学的修復、水利用効率の良い作物種の栽培を組み合わせた持続的農業モデルの開発に取り組む。

農地水・塩分管理を実現する内部循環型のビジネスモデルの開発
利用可能な水資源量、蒸発散量や作物生育の状況を踏まえた灌漑・排水管理、塩害地における塩生植物の積極栽培を通じた、資源効率的で持続可能な農業を実現するために、塩分や乾燥に対する耐性や土壌塩分の除去能力、水利用効率の観点から最適な作物種の組み合わせを提案する。

研究実施風景
イメージ1

アルゥアルファ畑での土壌水分観測

イメージ2

塩生植物アルハギとラクダ

イメージ3

塩生植物混合飼料を食べる羊

イメージ4

土壌水分とECの計測

イメージ5

ドローンと衛星を活用した農地判別

イメージ6

食料や飼料としての有用な塩生植物の例

イメージ7

プロジェクトの公式ロゴ

研究プロジェクトWEBサイト https://rwes.dpri.kyoto-u.ac.jp/satreps/
プレスリリース
実施報告書 PDF令和2年度(1,147KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る