研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

  • SDGs7
  • SDGs17
  • SDGs6
研究代表者名(所属機関) 日本 池上 康之(佐賀大学 海洋エネルギー研究センター 教授) researchmap マレーシア ア バカール ジャファ(マレーシア工科大学 OTECセンター 教授・センター長)
国内研究機関 佐賀大学、東京大学、産業技術総合研究所
相手国研究機関 マレーシア工科大学、マレーシア・プトラ大、マラヤ大学、マレーシア国民大学、マレーシアトレンガヌ大学
採択年度 平成30年度(2018年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 マレーシア
研究課題の概要

革新的な海洋温度差発電を核とした「マレーシアモデル」の開発
海洋温度差発電の高いポテンシャルを有するマレーシアにおいて、革新的な海洋温度差発電(H-OTEC)の実証を行う。このハイブリッド方式のH-OTECは、従来の海洋温度差発電の課題である熱交換器のコストや防汚対策などを解決するとともに、海水の淡水化も同時に可能となるシステムとして期待されている。さらに、OTECで利用する海洋深層水を用いた複合利用形態の経済効果およびモデル構築を検討し、社会実装を目指す。

新たなクリーン電力の普及と、安全な水の供給を実現!
H-OTECで利用した海洋深層水は、栄養分など付加価値が高く、新しい農業や漁業、新産業創出などが可能であるため、マレーシアの地域産業に適した低炭素で持続可能な「マレーシアモデル」が構築できる。このモデルは、他のアジア、太平洋島嶼地域などに世界展開できる。

研究実施風景
イメージ1

UTMの副学長とともにSATREPSのKick Offセレモニー

イメージ2

実証予定地のUTM I-AQUAS視察

イメージ3

「マレーシア・モデル」の参考となる沖縄・久米島で稼働中のOTEC

研究プロジェクトWEBサイト http://www.utm.my/satreps/
プレスリリース
実施報告書 PDF平成30年度(1,006KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る