研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

  • SDGs2
  • SDGs6
  • SDGs15
研究代表者名(所属機関) 日本 島田 沢彦(東京農業大学 地域環境科学部 教授) researchmap ジブチ ジャマ モハメド ハッサン(ジブチ大学 学長)
国内研究機関 東京農業大学、長崎大学、秋田大学、京都大学、株式会社地圏環境テクノロジー、株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル
相手国研究機関 ジブチ大学、ジブチ調査研究センター、ジブチ農業水資源漁業畜産海洋資源省
採択年度 平成30年度(2018年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ジブチ共和国
研究課題の概要

広域水資源・緑化潜在力を把握しアグロパストラル(農牧業)実証
ジブチは国土の大部分が土漠の自然環境が過酷な国であり、食料自給率は13%程度である。ジブチの水資源の広域かつ立体的な分布・循環経路・持続可能利用量を把握し、農牧業の展開地域を広げることを目指す。ジブチ全土において衛星・UAV画像を用い緑化力・牧羊力と水資源との関係から現状把握を行う。また、都市ゴミを有効活用した緑化、有用植物・飼料の開発によりオアシス農業を発展させた節水型農牧業モデルを提案する。
*金額ベース

水資源を有効活用し乾燥地に荒廃地緑化・農牧地を実装普及!
最適緑化地域を示し、適地における実証試験を通して乾燥地に適した持続可能な農牧業(アグロパストラル)を展開する。この過程でジブチ全土の水循環、ひいてはアフリカ各地域の国境を越えた地下水循環系を明らかにし、他の乾燥地域への実装可能性を示す。

研究実施風景
イメージ1

アルタ地区実証試験農場における事前聴き取り調査

イメージ2

ディキル篤農家農園のソーラーポンピングシステムの効率解析-発電量とパネル温度の調査

イメージ3

ディキル篤農家農園の作物生育モニタリングのためのマルチスペクトルセンサ搭載ドローン空撮

イメージ2

ダマルジョグ試験農場の貯水タンク内の生育藻類同定のためのサンプリング

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成30年度(2,506KB)
評価報告書
関連URL JSTトピックス

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る