研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

  • SDGs2
研究代表者名(所属機関) 日本 山内 章(名古屋大学 大学院生命農学研究科 教授) researchmap ケニヤ エリウド キレガー(ケニア農畜産業研究機構 機構長)
国内研究機関 名古屋大学、岡山大学、島根大学、山形大学
相手国研究機関 ケニア農畜産業研究機構(KALRO) 他
採択年度 平成24年度(2012年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ケニア共和国
研究課題の概要

優れた性質をもつイネ品種と品種の能力を引き出す栽培方法を開発
 アフリカのサハラ砂漠より南にある多くの国で米の需要増加に生産が追いつかず、増産が重要な課題となっている。国をあげて増産に取り組むケニアでは、干ばつ・低温・低肥沃土壌・いもち病等が障害となっており、こうしたストレスに強い遺伝子を交配とDNAマーカー選抜等の技術を使ってテーラーメードで導入し、ケニアに適した新品種を育成する。今の栽培技術を評価した上で品種の能力を発揮させ、持続的に稲作ができる栽培技術の開発を目指す。

イネと研究者を育てて、サハラ以南アフリカの食糧不足を解消する
 ケニアの環境条件に合わせてテーラーメードで作ったイネ品種と最適な栽培方法を組み 合わせることにより、ケニアの稲作の安定化と生産性向上が期待できる。また、アフリカの米生産国や研究機関等が参加する国際協議グループ「CARD*」への貢献や、ケニアと日本のグローバルな稲作研究人材育成にもつながる。
*CARD・・・アフリカ稲作振興のための共同体("Coalition for African Rice Development:CARD")

研究実施風景
栽培実験により、品種の能力発現に対する環境要因の影響を調査

栽培実験により、品種の能力発現に対する環境要因の影響を調査

優れた性質をもつイネ品種を交配により作り出す。

優れた性質をもつイネ品種を交配により作り出す。

研究プロジェクトWEBサイト http://satreps.agr.nagoya-u.ac.jp/index.html
プレスリリース
実施報告書 PDF平成24年度(203KB)
PDF平成25年度(221KB)
PDF平成26年度(543KB)
PDF平成27年度(637KB)
PDF平成28年度(796KB)
PDF終了報告書(4,840KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
PDFJST News 2019年3月号

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る