研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

Problem image
  • SDGs7
  • SDGs9
  • SDGs13
研究代表者名(所属機関) 日本 藤光 康宏(九州大学 大学院工学研究院 教授) researchmap ケニア共和国 バーナード・イクア(ジョモ・ケニヤッタ農工大学 教授/副学長)
国内研究機関 九州大学、西日本技術開発株式会社
相手国研究機関 ジョモ・ケニヤッタ農工大学、ナイロビ大学、ケニア発電公社、地熱開発公社
採択年度 令和元年度(2019年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ケニア共和国
研究課題の概要

大地溝帯特有の地熱系を最適開発するための諸問題を解決
ケニアの主力電源は、度重なる干ばつで不安定化する水力発電から、発電ポテンシャルが高く安定供給が可能な地熱発電に転換しつつある。そこで、ハイブリッド物理探査の実施と大地溝帯特有の地熱系モデルの構築、発電所稼働率向上のためのスケール対策手法の確立、地熱利用の社会的受容性向上のためのシナリオ提案により、計画から利用までそれぞれの段階における問題を解決し、同国と周辺国の持続可能な地熱エネルギー利用の促進を目指す。

安定した再生可能エネルギーである地熱の活用によりSDGs達成に貢献
本プロジェクトの成果は、地熱発電設備容量を2030年までに5,000MWにするというケニア政府の目標達成に寄与し、ビジョン2030としてケニア政府が掲げる工業国としての経済的な発展に貢献することが期待される。また、同国の再生可能エネルギー主体の電源構成は地球環境保全にも貢献する。

研究実施風景
イメージ1

本プロジェクトの対象フィールドであるオルカリアⅡ地熱発電所

イメージ2

オルカリアⅡ地熱発電所近くの温水プール。発電とともに熱利用の促進を目指したシナリオを提案する

イメージ3

本プロジェクトの対象フィールドであるメネンガイ地域の地熱井掘削リグ

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF令和元年度(542KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る