研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

『ペルーにおける地震・津波減災技術の向上に関する研究』 太平洋の対岸ペルーと手を取り合って
地震・津波に立ち向かえ!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs11
  • SDGs17
  • SDGs9
山崎 文雄(千葉大学 大学院工学研究科 教授) researchmap
国内共同研究機関 東北大学、豊橋技術科学大学、東京工業大学
相手国研究機関 ペルー国立工科大学(UNI)日本・ペルー地震防災センター(CISMID)
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ペルー共和国ペルー
研究課題の概要

地震大国・日本だからこそできるサポートがある
 ペルーは日本と同じく、環太平洋地震帯に位置する地震・津波多発国である。2007年の地震と津波でも大規模な被害が出ており、今後も災害発生が予想される。そこで、地震・津波による災害リスクの予測と被害軽減に有効な技術の研究・開発に取り組んでいる。過去の大地震に基づいて震源モデルの構築、津波のシミュレーション、建物の耐震調査と補強技術の開発等を行い、地域特性を考慮した包括的な地震・津波の被害予測と減災対策を進める。

地域的特徴をとらえ、ペルーの震災に有効な減災モデルを確立
 過去の大地震からモデルケースを選定し、ペルー沖のプレート境界地震による地震動予測と、津波の被害評価を進めている。歴史的建造物を含む建物の耐震性調査も順調であるほか、人工衛星画像を駆使して土地利用図を作成した。これらの成果を統合し、地域に合った有効な減災モデルを確立する。

研究実施風景
イメージ1

2007年の地震で倒壊したピスコ市中心部の教会

イメージ2

本プロジェクトで供与された機器を用いたリマ市内での常時微動の観測の様子。これにより地震時における地盤の揺れやすさが評価できる。

イメージ3
イメージ4
研究プロジェクトWEBサイト http://ares.tu.chiba-u.jp/peru/index.html
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(144KB)
PDF平成22年度(301KB)
PDF平成23年度(338KB)
PDF平成24年度(214KB)
PDF平成25年度(167KB)
PDF終了報告書(3,482KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
PDFJST News 2010年6月号
リマ市ホームページ
市民防衛庁ホームページ

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る