研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

『持続可能な地域農業・バイオマス産業の融合』 アジアの農業と地域完結型
バイオエネルギーを融合せよ!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs7
  • SDGs13
  • SDGs2
迫田 章義(東京大学 生産技術研究所 教授) researchmap
国内共同研究機関 農業・食品産業技術総合研究機構
相手国研究機関 ホーチミン市工科大学(HCMUT)他
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ベトナム社会主義共和国ベトナム
研究課題の概要

バイオマス技術で、発展するアジアの地域農業をバックアップ!
 ベトナムでは人口の増加に伴い、食料・エネルギーの不足や環境の悪化、経済格差等が大きな問題となっている。これらを解決するため、「地域で完結し持続する農業」と「生物から持続可能なエネルギーを得るバイオマス」の融合を図り、実用化に向けてシステムの設計と関連技術の開発、環境影響に関する研究を行う。具体的には稲わらからのバイオエタノール生産、家畜の排せつ物からのバイオガス生産を主軸として、農村社会に融合するバイオマス利用システムを構築する。

実験から実証へ。実用化を視野に入れたバイオマスプラントを稼働
 ホーチミン市工科大学内にバイオエタノールの製造を行うパイロットプラントを設置し、実用化に向けた研究を実施するとともに、現地での人材育成のための技術指導を行っている。また、ホーチミン市郊外の農村(タイミー村)にバイオマスエネルギー利用のデモンストレーションプラントを開設し、日本とベトナム双方でシステムの実現に向け研究を進めている。

研究実施風景
イメージ1

ホーチミン市近郊農村における環境調査

イメージ2

ホーチミン市工科大学内に設置されたバイオマスプラント全景。稲わらからの地域完結型バイオエタノール生産に必要な技術の検証を行う。

イメージ3
イメージ4
研究プロジェクトWEBサイト http://www.sakoda-lab.iis.u-tokyo.ac.jp/JSTJICA-SATREPS/HP%20Japanese/JSTJICA-SATREPS%28JP%29.htm
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(175KB)
PDF平成22年度(294KB)
PDF平成23年度(325KB)
PDF平成24年度(215KB)
PDF平成25年度(260KB)
PDF終了報告書(6,965KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る