JSTトップ > 研究開発戦略センター(CRDS) > 2019年度 人工知能学会全国大会(第33回)企画セッション(2019年6月5日開催)

[本文]

2019年度 人工知能学会全国大会(第33回) 企画セッション
「機械学習における説明可能性・公平性・安全性への工学的取り組み」

開催趣旨

機械学習技術が様々なシステムに組み込まれて、社会に広がっています。それにつれて、高い精度が得られる一方、説明可能性(ブラックボックス問題)、公平性(差別・偏見問題)、安全性(品質保証・動作保証問題)の課題も指摘されるようになってきました。本企画セッションは、これらの課題に対する取り組みの動向を解説し、これからの方向性・対策を議論します。

日時

2019年6月5日(水) 9:00〜10:40

会場

朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター[N会場]
新潟県新潟市中央区万代島6番1号(新潟駅から路線バス約15分、徒歩約20分)
https://www.tokimesse.com/

プログラム

講演1 「イントロダクション −JST戦略プロポーザルの紹介−」
福島 俊一(科学技術振興機構 研究開発戦略センター)
講演資料ダウンロード(PDF形式:1.4MB)
講演2 「機械学習の説明可能性への取り組み −DARPA XAIプロジェクトを中心に−」
川村 隆浩(科学技術振興機構)
講演資料ダウンロード(PDF形式:2.6MB)
講演3 「機械学習の公平性への取り組み −Fairness-aware data miningを中心に−」
神嶌 敏弘(産業技術総合研究所)
関連資料: http://www.kamishima.net/fadm/(外部サイト)
講演4 「機械学習の安全性への取り組み −自動車業界の取り組みを中心に−」
中江 俊博・桑島 洋(デンソー)
講演資料ダウンロード(PDF形式:2.7MB)
講演5 「MLSE研究会・QA4AIコンソーシアムの活動・成果物報告」
石川 冬樹(国立情報学研究所、機械学習工学研究会MLSE主査)
講演資料ダウンロード(PDF形式:外部サイト)

主なQ&A

当日の全ての講演について、主な質問に対する回答を掲載しました。
主なQ&A一覧(PDF形式:0.6MB)

関連する活動

科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)の戦略プロポーザル
「AI応用システムの安全性・信頼性を確保する新世代ソフトウェア工学の確立」(AIソフトウェア工学)
科学技術振興機構(JST)未来社会創造事業「超スマート社会」領域
令和元年度 重点公募テーマ「サイバーとフィジカルの高度な融合に向けたAI技術の革新」(外部リンク:動画)
公募締切日:2019/7/24(水) 正午
企画セッション当日にチラシ配布予定
日本ソフトウェア科学会 機械学習工学研究会(MLSE)
AIプロダクト品質保証コンソーシアム(QA4AI)

参加に際して

本企画セッションは新潟(朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター)にて開催される「2019年度人工知能学会全国大会JSAI2019」の一環として実施されるものですので、聴講に際して、JSAI2019への参加登録・参加費支払いが必要です。
2019年度人工知能学会全国大会JSAI2019については、下記サイトをご参照ください。
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2019/
JSAI2019への参加登録・参加費支払いについては、下記からお願いします。
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2019/attendance

関連リンク

  • FacebookもチェックFacebook
  • メールマガジン登録
  • 研究開発戦略ローンチアウト
  • 野依センター長室から
  • CRDSフェローが解説!科学技術最新のサイエンス
  • SciREX 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」
  • 研究倫理HP