研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

Problem image
  • SDGs13
  • SDGs15
研究代表者名(所属機関) 日本 谷 尚樹(国際農林水産業研究センター 林業領域 主任研究員) researchmap インドネシア共和国 モハマド ナイム(ガジャマダ大学 林業学部 教授)
国内研究機関 国際農林水産業研究センター、住友林業株式会社、筑波大学、森林研究・整備機構、長崎大学、国立環境研究所
相手国研究機関 ガジャマダ大学、国立研究革新庁
採択年度 令和3年度(2021年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要

ゲノム情報を活用して気候変動に対する強靱性が優れた樹種を選抜
本研究は、熱帯林再生や社会林業(住民参加型の林業)に適した6つの樹種について、気候変動により高い強靭性を持つ優良個体のゲノム情報(DNA中の塩基配列)を活用して選抜し、それら優良個体の種苗を細胞培養などによって量産する技術を確立する。さらに、気候変動に対してレジリエンスの高い林業を促進した場合の効果を、木材生産量や生態系機能(温室効果ガス吸収や非木材資源量など)、地域社会や地域経済の観点から評価し、林業促進の必要性や有用性を科学的に明らかにする。

迫り来る気候変動下でも熱帯林業を持続可能な産業に改善
気候変動適応型植林に対する国際・地域インセンティブを形成し、既存林業を「気候変動下でも持続的に森林資源が利用できる産業」へ改善する。将来的に、高い気候変動適応能を有する種苗による環境・経済・社会持続的な森林経営モデルが展開され、気候変動適応・緩和が促進される。

研究実施風景
イメージ1

高級な材を産出するチークの若木、林床ではトウモロコシを栽培

イメージ2

植栽用実生の栽培工程を調査し、ゲノム情報の活用による選抜を計画

イメージ3

相手国の熱帯林遺伝資源を調査

イメージ4

対象樹種(フタバガキ科)の成長量(幹の直径)を計測

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF令和3年度(556KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る