研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

Problem image
  • SDGs15
  • SDGs9
  • SDGs4
研究代表者名(所属機関) 日本 市岡 孝朗(京都大学 大学院 人間・環境学研究科 教授) researchmap マレーシア ルニ シルベスター プンガ(サラワク州森林局 上席次官補佐)
国内研究機関 京都大学、徳島大学、島根大学、高知大学、国立環境研究所、東京都立大学
相手国研究機関 サラワク州森林局、サラワク林業公社、生物多様性センター
採択年度 令和元年度(2019年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 マレーシア
研究課題の概要

熱帯雨林における生物多様性の評価・利用システムの構築
本プロジェクトでは、DNAバーコーディングなどの先端技術を用いて、サラワク州に点在する熱帯雨林の多様な生物の分布域や保護状況を網羅的に調査する。また、その結果を集積したデータアーカイブを構築し、サラワク州における生物多様性研究のための研究基盤を整備する。さらに、教育・社会普及プログラムを策定し、生物多様性の知的資源の価値に対する現地住民の認識を高め、科学的な技能を備えた人材の育成に貢献する。

熱帯雨林における生物多様性の多面的利用・管理を強化
データアーカイブに蓄積された情報を踏まえ、熱帯雨林における生物多様性を多面的に利用・管理するための政策提言を支援する。また、生物多様性に関する最新の知見を整理し、観光産業、バイオ産業、科学・環境教育といった地域社会の様々なニーズに即した情報を発信する。

研究実施風景
イメージ1

森林科学を学ぶ大学生に対する熱帯雨林の生物多様性に関する野外授業(ランビルヒルズ国立公園)

イメージ2

豊かな生物多様性を擁するサラワク州の熱帯雨林の林冠(ランビルヒルズ国立公園)

イメージ3

高さ40mの樹冠での訪花性昆虫採集

イメージ4

林冠生息性昆虫の調査(ランビルヒルズ国立公園)

研究プロジェクトWEBサイト http://www.kurs50008.sakura.ne.jp/sarawak/
プレスリリース 共同プレスリリース(2020/7/29)
共同プレスリリース(2022/3/1)
実施報告書 PDF令和元年度(637KB)
PDF令和2年度(974KB)
PDF令和3年度(948KB)
評価報告書
関連URL JSTトピックス
JST News 2022年5月号

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る