研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

  • SDGs11
  • SDGs9
研究代表者名(所属機関) 日本 金田 義行(国立研究開発法人海洋研究開発機構 地震津波海域観測研究開発センター 上席技術研究員) researchmap トルコ ハルク オゼネル(ボアジチ大学 カンデリ地震観測研究所 所長/教授)
国内研究機関 海洋研究開発機構、東京大学、江戸川大学、兵庫県立大学
相手国研究機関 ボアジチ大学 カンデリ地震観測研究所(KOERI) 他
採択年度 平成24年度(2012年)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 トルコ共和国
研究課題の概要

海底観測等の研究成果をシミュレーションで“見える化”する
 トルコのマルマラ海地方は経済発展の中心地イスタンブールを含む人口密集地域だが、海底下に巨大地震の空白域があり、その東側に隣接する1999年のイズミット地震での被害状況を鑑みると、大きなリスクを抱えている。それにも拘わらず、トルコには耐震不適格など防災対策上の課題が今も多く残る。そこで、海底や周辺地域での地震観測と、シミュレーションによる災害リスクの可視化を行い、地方自治体等との「地域防災コミュニティ」構築やメディアを通じた情報発信等により、社会に防災対策の意識を根付かせる。

科学的根拠を基に防災教育を進展!日本の地震研究にも応用可能
 トルコに既存の地震波・津波の即時解析の正確性・迅速性を高める。科学的根拠に基づく防災教育の進展により、国民の防災意識を向上させ、防災対策の共同提言により、トルコ全土への成果拡大を目指す。日本で想定される首都圏直下型地震や、東海・東南海・南海連動地震のメカニズムの解明にも資する。

研究実施風景
北アナトリア断層地図。マルマラ海付近に地震の空白域(Seismic gap)が見られる。

北アナトリア断層地図。マルマラ海付近に地震の空白域(Seismic gap)が見られる。


イスタンブール市街地の風景。歴史ある古い街並みと、高層ビルが混在する。耐震建築がなされていない建物も存在する。

イスタンブール市街地の風景。歴史ある古い街並みと、高層ビルが混在する。耐震建築がなされていない建物も存在する。

研究プロジェクトWEBサイト http://www.mardimproject.org/
プレスリリース
実施報告書 PDF平成24年度(151KB)
PDF平成25年度(189KB)
PDF平成26年度(791KB)
PDF平成27年度(1,553KB)
PDF平成28年度(2,084KB)
PDF終了報告書(1,773KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
PDFJST news 2015年2月号

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る