研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

感染症

『顧みられない熱帯病対策~特にカラ・アザールの診断体制の確立とベクター対策研究』 「最貧困者の病気」として放置されている感染症対策への挑戦!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs3
野入 英世(東京大学 医学部附属病院 准教授)
国内共同研究機関 愛知医科大学
相手国研究機関 国際下痢症研究センター (icddr,b)他
採択年度 平成22年度(2010年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 バングラデシュ人民共和国
研究課題の概要

寄生虫により死に至る感染症、カラ・アザール
 カラ・アザール*は、全世界の貧困層で毎年30万人以上が発病する深刻な感染症である。バングラデシュをはじめとする発生国では、最貧困者の病気として放置されており、健康被害だけでなく社会・経済開発の重大な阻害要因となっている。そこで現地の状況に合わせた遺伝子診断法・免疫診断法・検尿等の診断法確立を目指すとともに、疾患の制御に取り組む。
*カラ・アザール…黒熱病とも呼ばれる。寄生虫の一種、リーシュマニア原虫を病原体とする人獣共通の内蔵型疾患。高熱と重度の貧血、腹部の膨張、皮膚の乾燥・変色(濃灰色になる)等が特徴。

診断・治療・日本発疾患制御技術の現地投入へ向けた調査研究の始動
 高度な設備がない地域でも高精度の遺伝子診断ができるLAMP法や、患者の尿中の特殊なタンパク質を分析する簡易な診断法等、日本発の技術を現地に適用していく。副作用の少ない治療薬の探索や、薬剤耐性をもつ寄生虫の研究も行う。同時に疾患を媒介するサシチョウバエの生態を調査し、殺虫剤を練り込んだ蚊帳の投入により感染拡大を防ぐ試みを実施する。また、バングラデシュ政府及び国際下痢症研究センター(icddr,b)、DNDi(顧みられない病気のための新薬イニシアティブ)との協力の下に流行地域に研究・診療拠点を設置し、研究を進めている。

研究実施風景
国際共同研究チーム

バングラデシュのMymensingh管区Trishal地区でサシチョウバエ生態調査を行うSATREPSの国際共同研究チーム

国際共同研究チーム

サシチョウバエ捕獲に用いるCDCライトトラップ(燈火採集) を回収したところ

研究プロジェクトWEBサイト http://satreps-kalaazar.com/index.html
プレスリリース
実施報告書 PDF平成22年度(294KB)
PDF平成23年度(308KB)
PDF平成24年度(361KB)
PDF平成25年度(369KB)
PDF平成26年度(1,476KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JSTトピックス

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る