研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

『サハラを起点とするソーラーブリーダー研究開発』 太陽と砂漠と超伝導でつなぐ
地球エネルギー新体系の構築に向けて!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs7
  • SDGs17
  • SDGs1
鯉沼 秀臣(東京大学大学院新領域創成科学研究科 客員教授) researchmap
国内共同研究機関 弘前大学、物質・材料研究機構、国立情報学研究所
相手国研究機関 オラン科学技術大学(USTO) 他
採択年度 平成22年度(2010年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 アルジェリア民主人民共和国アルジェリア
研究課題の概要

地球でいちばん豊富な原料を使った一大電力プロジェクト
 世界最大のサハラをはじめとする砂漠は、広大な土地、豊富な日照及びシリコンの原料であるシリカを豊富に含む新エネルギーの宝庫である。そこにソーラーブリーダー(シリコン工場+太陽光発電所)を建設し、生産した電力を使って、さらに新たなソーラーブリーダーを建設していく。 そして送電ロスの少ない高温超伝導送電システムを用いて、世界各地へ電力を送ることを目指す。エネルギー問題の究極的解決を掲げ、不毛の砂漠を新エネルギー資源に変えていくことを試みる。

プロジェクト実現に向けて砂の高純度化、シリコン製造
 プロジェクト実現に向け基礎技術を構築中であるが、シリカを効率的にシリコンに変える新技術など、未知の挑戦的研究にアラブの研究者らとともに取り組んでいる。ほかにも砂漠地帯に高温超伝導ケーブルを通すための基礎データの集積や、サハラの砂の成分分析・分離や未利用資源の調査等を進める。

研究実施風景
E-Learningシステム技術のテスト

砂漠の地下水を使った円形農場。地下水の汲み上げには電気が必要。

ソーラーパネルサイト

見渡す限り360度の地平線がすべて太陽電池の原料

E-Learningシステム技術のテスト

E-Learningシステム技術のテスト

ソーラーパネルサイト

ソーラーパネルサイト

ソーラーパネルサイト

サハラ砂漠のオアシスで暮らす人々と

研究プロジェクトWEBサイト サハラソーラーブリーダー計画
プレスリリース
実施報告書 PDF平成22年度(182KB)
PDF平成23年度(211KB)
PDF平成24年度(226KB)
PDF平成25年度(379KB)
PDF平成26年度(510KB)
PDF終了報告書(2,797KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
プロジェクト紹介動画

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る