研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs6
  • SDGs2
  • SDGs1
船水 尚行(北海道大学 大学院工学研究科 教授) researchmap
国内共同研究機関 東京大学、高知工科大学
相手国研究機関 国際水環境学院(2iE)
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ブルキナファソ
研究課題の概要

低コストと安全を目指して!脱パイプネットワークの体制を築く
 ブルキナファソは、人口の27.2%が貧困層に属する最貧国の一つである。衛生的な給水環境が整わず水が原因の疾患も多いことから、導入する水設備には過酷な気候に耐え、低価格で維持が容易等、多くの条件が求められる。そこで、排水は1カ所に集めず現地で処理し、また用途や質で水を分別して混ぜないシステムを作り、低コストと衛生面の両立を目指す。大規模な配水パイプネットワークが不要な、水と衛生の新システムを開発する。

し尿を収入源に変える、コンポスト型トイレをアフリカに
 人口密度やインフラに合わせ二つのモデルを提案した。農村モデルは、飲用水のみ消毒・ろ過する。そして、し尿をコンポスト型トイレで肥料に変え、排水は灌漑(かんがい)用水に回し、農業による増収を狙う。都市モデルは、し尿は車で収集し、排水はコミュニティごとに集水する。現在は各工程に必要な技術を開発中である。

研究実施風景
無動力型コンポスト型トイレ

野菜畑での水くみ風景。し尿の肥料化と
排水再利用で野菜増産、収入増加を狙う。

北大にて

現地調査中に出会った好奇心旺盛な少年

無動力型コンポスト型トイレ

無動力型コンポスト型トイレ

北大にて

北大にて

研究プロジェクトWEBサイト http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/UBNWTRSE/project/jst-jica/index.htm
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(377KB)
PDF平成22年度(540KB)
PDF平成23年度(601KB)
PDF平成24年度(574KB)
PDF平成25年度(1,343KB)
PDF終了報告書(15,438KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
PDFJST News 2011年12月号
JSTトピックス(2011/12/28)
JSTトピックス(2013/6/25)
SATREPS活動事例

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る