研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(気候変動領域)

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs13
  • SDGs17
  • SDGs9
山中 大学(国立研究開発法人海洋研究開発機構 地球環境変動領域 上席研究員) researchmap
国内共同研究機関 京都大学、神戸大学
相手国研究機関 技術評価応用庁(BPPT)、気象気候地球物理庁(BMKG)、航空宇宙庁(LAPAN)
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間(採択時) 4年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要

地球規模の大気循環の「心臓」インドネシアの海と雨に「聴診器」をあてる!
 インドネシアの島々は、太平洋からインド洋へ向かう高温の海流をせき止めて活発な雲を発生させ、大気を全地球に循環させる心臓の役割を果たす。このインドネシアの海と雨雲の変動が引き金となり、世界各地の気候・気象に様々な異常が起きる可能性がある。そこで、言わば聴診器にあたるインドネシアの海と雨の観測能力を飛躍的に発展させ、全地球の気候予測精度を高める。同時にインドネシア国内に観測・予測成果を還元し、洪水・渇水等の被害軽減や、気候に適応した社会基盤と産業育成のための政策立案等にも貢献する。

陸・海両方の観測最適化で日イ両国を地球規模気候変動から守る!
 雨雲を監視するレーダーの応用や、海上気象や海水温を計測するブイの開発等、海陸両面の観測網整備と技術移転を進めてきた。全地球の気候変動の鍵を握るインドネシア域の観測網を最適化し、2013年1月ジャカルタ洪水の気象学的原因を解明するなど、常時数万以上の日本の企業人や観光客の安全と、気候変動研究におけるインドネシアの地位向上に貢献しつつある。

研究実施風景
南アフリカ側の研究チーム

日本開発トライトンブイ(TRITON、TRIangle Trans-Ocean buoy Network)のインドネシア技術者による運用

南アフリカ側の研究チーム

インドネシア研究船上のトライトンブイ運用。同様な研修と最先端観測の同時進行が陸上のレーダーでも行われ、海陸両面の観測が飛躍的に高精度化する。

イメージ
研究プロジェクトWEBサイト http://www.jamstec.go.jp/rigc/tcvrp/satreps_id/
プレスリリース 2013/5/14
実施報告書 PDF平成21年度(284KB)
PDF平成22年度(566KB)
PDF平成23年度(696KB)
PDF平成24年度(720KB)
PDF終了報告書(2,542KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
PDFJST News 2011年11月号

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る