研究体制

創発研究者(2020年度採択)

わ行

渡辺 知志

(天谷パネル)

肺胞マクロファージによる肺修復・再生法の開発
肺胞マクロファージは、肺に存在する主要な免疫細胞です。生体防御や恒常性維持など多様な機能を持ちますが、肺修復・再生における役割についてはほとんど分かっていません。本研究は、肺胞マクロファージと肺胞上皮細胞の働きに焦点を当て、肺胞マクロファージを介した肺修復・再生制御機構の解明を目指します。本メカニズムが明らかになれば、肺障害の治療法の開発や、新たな肺臓器再生法の構築につながることが期待されます。

渡邉 峻一郎

(伊丹/福島パネル)

コンデンスドプラスチックの電子論と機能性の創成
物質と電子を凝縮可能な独自の基盤技術を用いて、高分子半導体に金属材料と同様の周期的結晶ポテンシャルを設計します。固体物性論が予言する結晶電子相転移などの未踏の機能性をプラスチックに付与します。有機合成化学の多様性と固体物性論の普遍性の融合により、超系統的・超効率的な原理検証・材料探索を行うと同時に、これらの社会還元を達成する実装科学を三位一体として戦略的に遂行します。

Researchmap 本サイトの研究者情報はResearchmap登録情報に基づき更新されます。