研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs2
  • SDGs14
廣野 育生(東京海洋大学 学術研究院 海洋生物資源学部門 教授) researchmap
国内研究機関 東京海洋大学
相手国研究機関 タイ農業協同組合省水産局
採択年度 平成30年度(2018年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 タイ王国
研究課題の概要  本研究は、タイの在来魚介類の中から世界戦略魚を家魚化し、その養殖法を開発することで食料安全保障に寄与することを目的とする。世界で消費される食用水産物の半分は養殖由来であることから養殖による食資源生産は重要であるが、世界中で養殖されている魚介類の多くは生産国には存在しない外来種であり、自然界への逃亡による生態系への影響が一部の地域では問題になっている。そこで、タイ在来種のアジアスズキとバナナエビを国際市場で世界有数の主要水産物として扱われる養殖種とするために、家魚化を含む両種の生産技術を構築する。養殖対象種としての有用形質を選抜するためのゲノム育種と、ワクチン等による感染症防除法の開発を実施する。さらに、将来のさらなる有用形質の選抜を想定し、多様な野生個体の遺伝資源と本課題で作出した各品種を組織・細胞レベルで永久保存し、これらの材料からいつでも個体を創りだす技術開発を行う。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る