研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

感染症

  • SDGs3
  • SDGs2
研究代表者名(所属機関) 日本 横山 直明(帯広畜産大学原虫病研究センター 教授) モンゴル バドガー バツェツェグ(国立生命科学大学 獣医学研究所 所長)
国内研究機関 帯広畜産大学
相手国研究機関 モンゴル国立獣医学研究所(IVM) 他
採択年度 平成25年度(2013年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 モンゴルモンゴル(国旗)
研究課題の概要

モンゴルで流行する原虫をつきとめ、簡易診断キットを開発する!
 トリパノソーマ病やピロプラズマ病等、多くの家畜原虫病は持続感染して慢性的に家畜の健康状態を悪化させる。国民の多くが畜産業に従事するモンゴルでは、特に深刻な問題となっている。本研究では、トリパノソーマ、ピロプラズマ野生株とそれらを媒介するマダニの分布マップ作成、原虫野生株の抗原遺伝子解析に基づく簡単で迅速な診断キットを開発、そして今後の感染対策に備えた研究資源の確保を目標としている。

モンゴルでの原虫病対策を、世界のモデルケースに!
 トリパノソーマ病やピロプラズマ病の診断キットがモンゴルの社会に普及すれば、原虫病対策を通して畜産振興に貢献することができる。また、モンゴルの原虫病について疫学調査をし、対策を確立することは、世界規模の原虫病対策を考える上でも極めて有用かつ具体的なモデルとなる。

研究実施風景
ヒツジ・ヤギからの採血風景

ヒツジ・ヤギからの採血風景

簡易診断キットの野外評価

簡易診断キットの野外評価

地方獣医師等を招いた第一回学術セミナー

地方獣医師等を招いた第一回学術セミナー

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成25年度(269KB)
PDF平成26年度(1,291KB)
評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
JICA科技プロジェクトのサイトの「事業紹介」

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る