研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

感染症

『薬剤耐性細菌発生機構の解明と食品管理における耐性菌モニタリングシステムの開発』 「スーパー耐性菌」のメカニズムを
解明、蔓延に歯止めをかけろ!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs3
山本 容正(大阪大学グローバルコラボレーションセンター 招へい教授)
国内共同研究機関 大阪府立公衆衛生研究所、大阪府立大学、琉球大学
相手国研究機関 国立栄養院(NIN) 他
採択年度 平成23年度(2011年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ベトナム社会主義共和国
研究課題の概要

世界を震撼させているスーパー耐性菌に挑む
 近年、治療薬に耐性をもつスーパー耐性菌が出現し、世界中で治療困難な感染症が急増しつつある。出現の原因としては、医療だけでなく畜水産における抗菌剤の過度な使用が指摘されている。スーパー耐性菌の国境を越えた拡散には、地球規模での対応が不可欠である。本プロジェクトでは、特に住民の耐性菌保菌率が著しく増加しているベトナムにおいて、その発生メカニズムを解析し、蔓延の原因となっている抗菌剤濫用や関連諸要因の研究解明に乗り出す。

多角的な視点からスーパー耐性菌の発生原因を解析
 スーパー耐性菌の発生原因やメカニズムを微生物学的、薬物学的、さらにはベトナムの社会・経済的背景を考慮した人類学的視点から解析していく。これを基盤とした耐性菌モニタリングシステムの構築を行い、スーパー耐性菌の世界的な拡大防止に貢献する。

研究実施風景
細菌の抗生物質感受性試験:菌が多剤耐性化するとほとんどの抗生物質が効かなくなる。

細菌の抗生物質感受性試験:菌が多剤耐性化するとほとんどの抗生物質が効かなくなる。

アヒル飼育状況

アヒル飼育状況

検体収集予定地風景

検体収集予定地風景

研究プロジェクトWEBサイト http://www.phs.osaka-u.ac.jp/satreps/index.html
プレスリリース
実施報告書 PDF平成23年度(156KB)
PDF平成24年度(175KB)
PDF平成25年度(384KB)
PDF平成26年度(1,346KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICA科技プロジェクトのサイトの「事業紹介」

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る