研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

『フィリピン国統合的沿岸生態系保全・適応管理プロジェクト』 多様な生物が棲み人々の暮らしを
支える豊かな沿岸生態系を守れ!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs14
  • SDGs17
  • SDGs12
灘岡 和夫(東京工業大学 大学院情報理工学研究科 教授) researchmap
国内共同研究機関 北海道大学、東京大学、高知大学
相手国研究機関 フィリピン大学ディリマン校・海洋研究所(UPMSI) 他
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 フィリピン共和国フィリピン
研究課題の概要

包括的環境負荷・生態系応答評価と沿岸生態系保全スキームの提言
 世界でも指折りの豊かさを誇っているフィリピンの沿岸生態系は、無秩序な観光開発や過剰漁業、周辺流域の開発、さらには地球環境変動の影響等が複合的に作用することによって急速に衰退しつつある。それらの環境負荷の実態や生態系応答・回復過程、負荷をもたらす地域コミュニティーの社会経済構造等を把握することを通じて、地域コミュニティーの持続的発展と環境保護を両立させた沿岸生態系の保全・適応管理システムの構築に挑む。

複合環境負荷下での沿岸生態系保全・適応管理スキームを提言する
 様々な環境負荷や沿岸生態系応答の包括的評価に関する合同集中調査を5重点サイトで行うとともに数値シミュレーション解析を実施した。統合的意志決定支援システム開発等を進め、負荷制御や生態系回復に有効な地域コミュニティー管理、海洋保護区のあり方等を提示していく。

研究実施風景
イメージ1

連続的・包括的環境モニタリングシステムの例

海草とそこに住むミヤコイシモチ

ルソン島ボリナオでの生物学的調査の様子

イメージ2
海草とそこに住むミヤコイシモチ
研究プロジェクトWEBサイト http://www.cecam-project.net/japanese/
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(169KB)
PDF平成22年度(257KB)
PDF平成23年度(341KB)
PDF平成24年度(319KB)
PDF平成25年度(373KB)
PDF終了報告書(4,587KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト 別ウィンドウで開く
ODAが見える。わかる。サイト 別ウィンドウで開く
プロジェクト紹介動画 別ウィンドウで開く

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る